きょうからキョウドウ通信vol.99

[きょうどう?通信]

豊口「協」さん

豊口協さんが長岡を離れてもう1年が過ぎた。
30年近く住んだ青葉台の家を引き払って鎌倉に戻る日、長岡インターを通り越して長岡造形大学に立ち寄ってくれた。車を降りると、感慨深そうに校舎を見上げ、そして出迎える私たちに目を細めた。

豊口協さんは、松下電器のデザイナーとして活躍した後、東京造形大学の学長を経て、長岡造形大学の初代学長を務めた。また、グッドデザイン賞審査委員長としてデザインの役割と可能性を大きく広げることに貢献した。
豊口先生(私にはこの呼び方がしっくりする)とは、1991年2月に長岡造形大学設立の仕事でご一緒したのが最初だ。淡々と、でも信じられないくらいの前向きさで大きな夢を語り、「きっとできるよ!」と言葉を結ぶのが常だった。キャリアや性格などがそれぞれ違うスタッフの個性と自主性を大切にしながら、いつも「いいねぇ」と乗せ上手に一人ひとりのやる気を高める達人でもあった。

「協」という名前の人に出会ったのは初めてだった。『漢和大事典』(学研)によると、「協」という字は、力を合わせる意の「劦」という会意文字と十印(ひとまとめの意)が合わさった文字とある。まさに、リーダーとしての豊口先生にピッタリの名前だ。
このころ私はまだ「協働」という言葉に出会っていなかったが、振り返れば私にとっての「協働」は、「豊口協と働く」のがその出発点だった。それから20年ほど後、長岡市に新しくできた(全国的にも珍しい)市民協働部の部長として、多くの会合や団体の活動の場に出向いて「協働」の意味と意義を話す自分がいた。
「協という字には3つの力があります。例えば、地域の力、NPOの力、行政の力。違う立場、違う経験、違う感性、違う能力。その違いを生かすことで、協働の価値は高まります。お互いを理解し、対等で自立した関係をつくり、共感をもって目的を共有する。それぞれの長所を生かしたり、補い合ったりすることで、新たなチャレンジが可能となります」

ところが「協」の字には続きがあった。1年前の豊口先生の送別会の席。私がここぞとばかりに「私の協働は豊口協さんと働くことから始まりました」とあいさつして戻ると、先生は握手で迎えてくれながらこう言った。
「ありがとう。でもホントはね、もともとはりっしんべんの『恊』という字だったんだよ。この字が使えないというので、今の字になってしまっているんだけど…」
「えっ、そんな字があるんですか?」
取り急ぎ手元のスマホで調べると、確かにあった! 常用外漢字、JIS第2水準。翌日、図書館で一番厚そうな『大漢語林』(大修館書店)を開く。
恊…①かなう。合う。一致する。和合する、合わせる ②=協 →『設文』(中国最古の字書)では、協は衆人が力を合わせる意、恊は衆人が心を合わせる意とする。

なんだかすごい発見をした気分だった。市民協働センターも市民恊働センターにした方がいいんじゃないかと思ったくらいだ。やっぱり協働は「共感」が大切なんだ!

文・NPO法人市民協働ネットワーク長岡 副代表理事
  河村 正美

「今日どう?通信」とは 「今日どう?通信」はNPO法人市民協働ネットワーク長岡の事務局・理事その他関係者が、市民協働をテーマに日ごろ感じたこと、気づいたことをしたためるリレーエッセイ・コラムです。

****************

きょうからキョウドウ通信vol.98

[きょうどう?通信]

みんなの持っている能力を出し合い、借り合い、貸し合うチーム
~ミニバスケットのコーチとしての協働~

いつも仕事に関連する話でしたので、チョットだけプライベートの話をします。

私は、地元の小学生にミニバスケットボールを教えています。

実は、若いころ(今でも若いんですけどね‥‥)、バスケットボールに携わったのが縁で、一応、指導の方も早10年が経過しています。近頃はコロナ禍により活動も制限されており、かつ、楽しみにしている各種大会も中止といった状況下ではありますが、子どもたちはプレイできることを楽しみに日々、練習に励んでいます。

成績は?といえば、近年はなかなか勝てず、子どもたちに申し訳ないと思っています。

さて、知っている人も多いと思いますが、私は、5年前に脳卒中を患い、その後遺症により右半身の動きがままならない生活を送っています。

病気以前の指導といえば、初めてバスケットボールに触れる小学生ですので、シュートやパス、ドリブル等の動きを私自らが手本を示しながら行っていました。しかし、退院後の私は身体が思うように動かないことから言葉のみで指導するのですが、小学生に対し、指導方法をうまく言葉で表現できずにヤキモキする自分に対し、葛藤の日々を送っていました。

そんな私に、我がチームの監督(現長岡市バスケットボール協会会長:これを言うと私がどこのチームかバレバレですね)は当初から、「本間さんが動けないところは、他のコーチや見学に来ている保護者に変わって動いてもらって、指示をすればよい」と言ってくれました。

しかし、そうはいっても、当初はなかなか割り切れませんでしたが、時が経つにつれ、徐々にある部分は任せられるようになってきたと思います。

私は確かに他者と比べ、バスケットボールのプレイヤーとしてはそれなりの経験を積んできたと思います。しかし、他のコーチには小学生に対しての接し方など、私には持ちえない能力が多々あります。また、練習メニューの一部は私が考えるより、他のコーチが考えた方が子どもたちのためになるのではと考えるようになりました。

さらに、近ごろは見学に来ている保護者にも練習を手伝ってもらっています。これは保護者にとっても子どもたちと一緒に参加しているといった一体感の醸成にもつながっています。子どもたち、コーチ、保護者みんなのチームをつくり上げるために、それぞれが力を出し合い、借り合い、貸し合うといったまさしく身近な協働でチームは成り立っている事例であると今更ながらに思っています。

私としても、当たり前ですが、子どもたちがスポーツを好きに、さらにはバスケットボールを好きになるよう願っていますが、たったひとつだけ成し得ていないことがあります。それは、チームの成績が思うようにならないことですね(コーチとして、反省!)。

文・NPO法人市民協働ネットワーク長岡 理事
  本間 和也

「今日どう?通信」とは 「今日どう?通信」はNPO法人市民協働ネットワーク長岡の事務局・理事その他関係者が、市民協働をテーマに日ごろ感じたこと、気づいたことをしたためるリレーエッセイ・コラムです。

****************

きょうからキョウドウ通信vol.97

****************

[きょうどう?通信]

お寺

8月15日、今年も長野県小谷村の菩提寺で施食会(せじきえ)に参列してきました。
昔は施餓鬼(せがき)会と呼ばれていた行事で、「餓鬼」という呼び方が良くないからと、名前が変わったとのこと。鬼滅ブームですから、以前の名前のほうが良かったのに。と思いながら焼香をしてきました。

この寺は、曹洞宗で戦国時代の武田領の寺です。檀家の範囲は小谷村を中心に、南は長野県大町市から北は新潟県糸魚川市の長野県境あたりまでの山間に集中しています。

父が急逝して数年たった頃、住職から「寺の役員になってくれ」と、電話がありました。寝耳に水の話です。それから連日の電話攻撃に根負けし、後先考えずに引き受けてから十年程がたちます。

この十年で気になっていることが2つ。

一つ目。人口減少による檀家数の減少です。

十年たった今、檀家数は約3割も減ってしまいました。毎年「どこそこの爺さんが名古屋の子供に引き取られて、あちらの寺の檀家になった。」くらいの話題では気にもならなかったのですが…。

問題は、寺の収入が減り、徐々に維持が難しくなってしまうことです。寺の建物もどんどん古くなり、修繕個所は増えるし住職にだって生活があるわけで…。

就任してから2.3年経った頃、千載一隅のチャンスがあって、こう切り出しました。

「お寺の合併を考えませんか」

住職をはじめ、他の役員は狐につままれたようでした。同じ宗派でも系列みたいなものがあるそうで、私も就任後間もない時期で強行する自信が無く、今となっては後の祭りです。

2つめは、役員のメンバー構成です。

役員は毎年同じメンバー。しかも少しずつ抜けていきます。

若い人はどんどん山村から出ていきますから、平均年齢は毎年1歳をはるかに超えて上がってゆき、十年たった今でも私らの年代が若手なのです。

私の祖父母世代までは、多くの方が先祖伝来の土地で生活をし、私の生まれた15戸の山中にある村も、すべて同じ寺の檀家でした。

村の役には、区長(村の代表)を筆頭に、副区長・営繕担当・続いて「寺地区総代」…と、いう役があっても、まったく違和感がなかったのです。多くの村も同様でしたが、その役員を選出できない村・消滅した村が発生してきています。

寺の役員も、以前はメンバーの3分の1が入れ替わっていたのですが、最近では同じメンバーが続いています。しかも、ぽつりぽつりと地区総代が選べない村まで発生しています。

都会地へ転居しても檀家で残ってくれる家が多く、遠隔地でも護持会費を収めてくださるのは、ありがたい限りです。

しかしながら、さすがに草刈りなどの作業は手伝ってはもらえません。

人手が少なくなり、寺まで運転できない人や、気持ちはあっても足腰が…。そんな役員も多くなり、草刈りも外注にしようか。でも予算をどう捻出するか…そんな議論が交わされています。

なんとも暗いお話を最後までお読みいただき、恐縮です。

ふと、私のかかわってきたNPO法人や任意団体、町内会の抱えている問題と似ているような気がして長岡に帰ってきました。

文・NPO法人市民協働ネットワーク長岡 理事
  山岸豊後

「今日どう?通信」とは 「今日どう?通信」はNPO法人市民協働ネットワーク長岡の事務局・理事その他関係者が、市民協働をテーマに日ごろ感じたこと、気づいたことをしたためるリレーエッセイ・コラムです。

****************