ゴミ問題からSDGsを楽しく学ぶ!持続可能なまちのつくり方のも~れ!

もっと長岡を盛り上げようという想いのもと始まった、市民交流会「のも~れ!長岡」。市民活動に関する体験・学び・想いをシェアし、その場に居合わせた人々がゆるやかにつながる場として定期開催しています。

今回の「のも~れ!」は、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の目標12番「つくる責任 つかう責任」を取り上げます。日本が直面しているゴミ問題。20年後の2040年には、ゴミを埋め立てる最終処分場(埋立地)がなくなると言われ、そのタイムリミットは刻一刻と近づいています。解決するには、資源のリサイクルにより埋め立てるゴミを減らすことが大切です。
今回は、ゴミのリサイクル事業を展開する株式会社丸共の金内宏彰さんと長岡市環境業務課の山本さんをお招きし、官民両方のゴミ問題に対する取り組みをお伺いします!金内さんからは、資源のリサイクルや分別の大切さについて、山本さんからは、長岡市が取り組むバイオマス発電についてお話を伺います。

【開催概要】

ゴミ問題からSDGsを楽しむ学ぶ!のも~れ!

<日時>
2021年11月26日(金)19:00~20:40(18:30~受付)

<場所> どちらかお選びください
①会場(アオーレ長岡)で参加(※1)
②オンライン(Zoom)で参加
※1 長岡市大手通1-4-10アオーレ長岡西棟3階 ながおか市民協働センター協働ルーム

<参加費>
会員: 800円(※2)
一般:1,000円
学生:無料
※2 NPO法人市民協働ネットワーク長岡の正会員(年会費3,000円)もしくは賛助会員(年会費一口1,000円)の方。お申込みと同時にご入会いただくことも可能です。

<プログラム>
18:30-19:00 受付
19:00-19:05 開会
19:05-19:20 オープニング(SDGs概要説明)
19:20-20:00 ゲストトーク
20:00-20:20 質疑応答
20:20-20:30 クロージング
20:30-20:40 閉会

<ゲストプロフィール>
株式会社 丸共
金内 宏彰さん
ゴミのリサイクル事業を展開する株式会社丸共に勤務。プライベートでは、月に1度早朝にゴミ拾いをしている市⺠活動団体「Picking Up Mind」の活動にも参加。公私両方で、ゴミ問題に関わる。

▼株式会社 丸共
1903年創業。ゴミの収集運搬・処分・リサイクルを行っている。市⺠活動団体「Picking Up Mind」のゴミの処理を手伝ったり、産学官⺠の協働で一般家庭から回収した枝葉を焼却して出た熱源を電気に変えて野菜を育てたりと、ゴミを資源
に豊かな社会づくりに取り組んでいる。

長岡市環境部環境業務課
山本 祐子さん
2016年4月から環境業務課に在籍。ごみと資源物の収集運搬業務、犬の登録関係業務等を担当している。最近のマイブームは食品ロス削減。野菜の皮の活用法やリメイク料理等、無理をしないで楽しく続けられる取り組みを模索している。

▼⻑岡市環境部環境業務課
「混ぜればごみ、分ければ資源」を合言葉に、
2013年4月から生ごみ分別収集を開始。収集した生ごみは、全国の自治体では最大規模の生ごみバイオガス発電センターで発酵・分解され、発生するバイオガスを発電に利用する等、ごみの減量と資源のリサイクルに取り組んでいる。

<申込方法>
11/24(水)までに、Peatixもしくはフォームからからお申し込みください。
※このイベントページの参加ボタンを押しただけでは申込になりませんので、必ず専用ページよりお申し込みください。

peatix  http://ptix.at/vEruGo

Googleフォーム  https://forms.gle/AsJ2NjXnHNwqe2bw8
※フォームから申込のオンライン参加の方は、改めてメールにて振込み先などをお伝えします。
期日までにご入金をお願いします。

<事前にお読みください>
〇アオーレで参加される方は、下記の新型コロナウイルス感染予防対策にご理解・ご協力をいただきますようお願いいたします。なお、会場内では水分補給以外の飲食を禁止とさせていただきます。◇会場入室前の検温とアルコール消毒◇マスク着用◇会場の換気 ◇ゴミの持ち帰り
〇Zoomで参加される方には、参加費等の入金確認後、当日参加用のID・パスワードを送付します。
〇感染状況により、内容を変更または中止することがあります。

きょうからキョウドウ通信vol.99

[きょうどう?通信]

豊口「協」さん

豊口協さんが長岡を離れてもう1年が過ぎた。
30年近く住んだ青葉台の家を引き払って鎌倉に戻る日、長岡インターを通り越して長岡造形大学に立ち寄ってくれた。車を降りると、感慨深そうに校舎を見上げ、そして出迎える私たちに目を細めた。

豊口協さんは、松下電器のデザイナーとして活躍した後、東京造形大学の学長を経て、長岡造形大学の初代学長を務めた。また、グッドデザイン賞審査委員長としてデザインの役割と可能性を大きく広げることに貢献した。
豊口先生(私にはこの呼び方がしっくりする)とは、1991年2月に長岡造形大学設立の仕事でご一緒したのが最初だ。淡々と、でも信じられないくらいの前向きさで大きな夢を語り、「きっとできるよ!」と言葉を結ぶのが常だった。キャリアや性格などがそれぞれ違うスタッフの個性と自主性を大切にしながら、いつも「いいねぇ」と乗せ上手に一人ひとりのやる気を高める達人でもあった。

「協」という名前の人に出会ったのは初めてだった。『漢和大事典』(学研)によると、「協」という字は、力を合わせる意の「劦」という会意文字と十印(ひとまとめの意)が合わさった文字とある。まさに、リーダーとしての豊口先生にピッタリの名前だ。
このころ私はまだ「協働」という言葉に出会っていなかったが、振り返れば私にとっての「協働」は、「豊口協と働く」のがその出発点だった。それから20年ほど後、長岡市に新しくできた(全国的にも珍しい)市民協働部の部長として、多くの会合や団体の活動の場に出向いて「協働」の意味と意義を話す自分がいた。
「協という字には3つの力があります。例えば、地域の力、NPOの力、行政の力。違う立場、違う経験、違う感性、違う能力。その違いを生かすことで、協働の価値は高まります。お互いを理解し、対等で自立した関係をつくり、共感をもって目的を共有する。それぞれの長所を生かしたり、補い合ったりすることで、新たなチャレンジが可能となります」

ところが「協」の字には続きがあった。1年前の豊口先生の送別会の席。私がここぞとばかりに「私の協働は豊口協さんと働くことから始まりました」とあいさつして戻ると、先生は握手で迎えてくれながらこう言った。
「ありがとう。でもホントはね、もともとはりっしんべんの『恊』という字だったんだよ。この字が使えないというので、今の字になってしまっているんだけど…」
「えっ、そんな字があるんですか?」
取り急ぎ手元のスマホで調べると、確かにあった! 常用外漢字、JIS第2水準。翌日、図書館で一番厚そうな『大漢語林』(大修館書店)を開く。
恊…①かなう。合う。一致する。和合する、合わせる ②=協 →『設文』(中国最古の字書)では、協は衆人が力を合わせる意、恊は衆人が心を合わせる意とする。

なんだかすごい発見をした気分だった。市民協働センターも市民恊働センターにした方がいいんじゃないかと思ったくらいだ。やっぱり協働は「共感」が大切なんだ!

文・NPO法人市民協働ネットワーク長岡 副代表理事
  河村 正美

「今日どう?通信」とは 「今日どう?通信」はNPO法人市民協働ネットワーク長岡の事務局・理事その他関係者が、市民協働をテーマに日ごろ感じたこと、気づいたことをしたためるリレーエッセイ・コラムです。

****************

きょうからキョウドウ通信vol.98

[きょうどう?通信]

みんなの持っている能力を出し合い、借り合い、貸し合うチーム
~ミニバスケットのコーチとしての協働~

いつも仕事に関連する話でしたので、チョットだけプライベートの話をします。

私は、地元の小学生にミニバスケットボールを教えています。

実は、若いころ(今でも若いんですけどね‥‥)、バスケットボールに携わったのが縁で、一応、指導の方も早10年が経過しています。近頃はコロナ禍により活動も制限されており、かつ、楽しみにしている各種大会も中止といった状況下ではありますが、子どもたちはプレイできることを楽しみに日々、練習に励んでいます。

成績は?といえば、近年はなかなか勝てず、子どもたちに申し訳ないと思っています。

さて、知っている人も多いと思いますが、私は、5年前に脳卒中を患い、その後遺症により右半身の動きがままならない生活を送っています。

病気以前の指導といえば、初めてバスケットボールに触れる小学生ですので、シュートやパス、ドリブル等の動きを私自らが手本を示しながら行っていました。しかし、退院後の私は身体が思うように動かないことから言葉のみで指導するのですが、小学生に対し、指導方法をうまく言葉で表現できずにヤキモキする自分に対し、葛藤の日々を送っていました。

そんな私に、我がチームの監督(現長岡市バスケットボール協会会長:これを言うと私がどこのチームかバレバレですね)は当初から、「本間さんが動けないところは、他のコーチや見学に来ている保護者に変わって動いてもらって、指示をすればよい」と言ってくれました。

しかし、そうはいっても、当初はなかなか割り切れませんでしたが、時が経つにつれ、徐々にある部分は任せられるようになってきたと思います。

私は確かに他者と比べ、バスケットボールのプレイヤーとしてはそれなりの経験を積んできたと思います。しかし、他のコーチには小学生に対しての接し方など、私には持ちえない能力が多々あります。また、練習メニューの一部は私が考えるより、他のコーチが考えた方が子どもたちのためになるのではと考えるようになりました。

さらに、近ごろは見学に来ている保護者にも練習を手伝ってもらっています。これは保護者にとっても子どもたちと一緒に参加しているといった一体感の醸成にもつながっています。子どもたち、コーチ、保護者みんなのチームをつくり上げるために、それぞれが力を出し合い、借り合い、貸し合うといったまさしく身近な協働でチームは成り立っている事例であると今更ながらに思っています。

私としても、当たり前ですが、子どもたちがスポーツを好きに、さらにはバスケットボールを好きになるよう願っていますが、たったひとつだけ成し得ていないことがあります。それは、チームの成績が思うようにならないことですね(コーチとして、反省!)。

文・NPO法人市民協働ネットワーク長岡 理事
  本間 和也

「今日どう?通信」とは 「今日どう?通信」はNPO法人市民協働ネットワーク長岡の事務局・理事その他関係者が、市民協働をテーマに日ごろ感じたこと、気づいたことをしたためるリレーエッセイ・コラムです。

****************